アクア(トヨタ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でアクアを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『アクアの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、アクアはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、アクアの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

アクアの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、アクアの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、トヨタも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるアクアとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのアクアの見積もりを簡単に取得してこれをアクアの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばアクアの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでアクアの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリアクアの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらアクアの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

アクアの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでアクアの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうアクアの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、アクアは安く買えます。

まずアクアはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

アクア豆知識

アクア(NHP10)は、プリウスに続くトヨタのハイブリッド専用車種で、ビッツのプラットフォームを流用したBセグメントの小型車である。トヨタブランドのハイブリッドは他車種にも設定はあるが、専用ボディーはプリウスとアクアのみ。

エクステリアデザインは、レクサスLF-Aを彷彿とさせる精悍な物で、コンパクトで車高も控えめな5ドアハッチバックのパッケージングからスポーティーさも感じられます。

搭載されるガソリンエンジン、1NZ-FXEは、初代(NHW10・11)~二台目プリウス(NHW20)に採用されたものと型名こそ同じだが、使われる部品の相当数が変更され、エンジンの重量が16.5kgほど軽量化されています。

エンジンの燃焼サイクルはアトキンソンサイクル(実際にはミラーサイクル)であることは共通だが、微妙に圧縮比は異なります。

全幅は1.7メートルを割り、トヨタのハイブリッド車としては唯一の5ナンバー規格となるが、4メートルに満たない全長も相まって日常の取り回しに有利である。

燃費に直結する車両重量は、前述したエンジン以外にもトランスアクスルやバッテリーなど様々な箇所に軽量化が施された結果、1,100kgを下回っています。

システムが複雑で重量が増えがちなハイブリッド車としては、十分に計量と言えるでしょう。

軽四のなかで意外に人気のあるタントはやはり室内空間の広さでその人気を獲得していますね。

室内空間の広さで人気を博したワゴンRも今やスタイル重視の設計になっています。

ムーヴもワゴンRと人気を二分する軽ワンボックスです。

アクアはトヨタが販売するスプリット方式の小型ハイブリッド専用車で、2011年に発表してから凄まじい勢いで売れている。

生産は関東自動車工業岩手工場が担当しているので被災地貢献も大です。

さすが日本一の企業トヨタ。

ベースとなったのは2010年1月の北米国際オートショーで発表されたコンセプトカー『FT-CH』です。

5ナンバーのハイブリッド車は初代プリウス以来8年振りの販売となり、他のトヨタのハイブリッド車同様に、販売は全てのトヨタ取扱店舗となる。

また、北米では2012年に『プリウスC』の車名で発売されています。

ハイブリッドシステムは三代目プリウスなどと同様の『リダクション機構付THS2』が採用されました。

エンジンはアトキンソンサイクルを採用した1.5Lの1NZ-FXE型で、新設計の1LM型電気モーターとニッケル水素電池(バッテリー) が組み合わせられています。

エンジン型式は二代目プリウスと同じですが、約70%の部品は新設計されました。

ハイブリッドシステム全体でプリウスより42kg軽量化され、車両重量はプリウスに比べ300kg程度軽くなりました。

グレード体系は『L』『S』『G』の3グレード展開で、最上級モデルのGではインテリアを中心に充実した装備が追加されています。

アクアのレビュー・評価

発売より多くの人気を集めているアクアです。

プリウスの兄弟車にあたるアクアは10万台以上の受注をうけているようです。
アクアに人気には、プリウスをさらにコンパクトにした快適なサイズとさらに進化した低燃費性、購入しやすい価格にあると思います!

アクアの車体サイズはアクアがベースになっているので本当にコンパクトに感じると思います。
さらに進化したハイブリットシステムが驚きの燃費性能を可能にしています。
燃費瀬能はなんと35~40km/Lも走れるというのは驚きです!

全車種の中でもおそらくこれほどまでの燃費の良い車はないかと思います。

実際に使用してみた人のレビューを見てみると、

 

「予想してた以上の燃費に驚いた」


 

「外見がかわいいので気に入っている」


 

「安っぽさを感じない」


などの良いレビューのほか

 

「見た目が若い人向けすぎる」


 

「車内が狭い」


などの意見も書かれていました。

確かにプリウスに比べてコンパクトなボディサイズにハイブッリットを搭載してるので居住性を犠牲にしているのは仕方がないと思いますし、デザインも確かにかわいらしいく若い人向けのデザインになっていると感じました。

総合的に見ても実用性のある良い車だと思いますが、乗る人によっては、狭いと感じてしまうのかもしれません。

アクアとフィットハイブリッドの比較

アクアの最大のライバルはやはりホンダのフィットでしょう。しかし、ライバルとは言いがたい販売台数の差があります。いったいどこにアクアの人気の秘密があるのか様々な比較をして探ってみました。(フィットハイブリッドでは1.5Lと1.3Lが選択可能ですが、アクアと同等の比較をするため1.5Lで比較しています。)

アクア フィットハイブリッド
総排気量 1.5L 1.5L
燃費 35.4km/L 22.2km/L
全幅 1,695mm 1,695mm
全長 3,995mm 3,915mm
全高 1,445mm 1,525mm
最小回転半径 4.8m 4.7m
最高出力 74PS 84PS
価格 1,690,000円 1,960,000円

アクアの場合多少のパワーを犠牲にした圧倒的な燃費性能差がフィットハイブリッドとの間にあります。フィットハイブリッドの1.5LはRS設定のため多少走りにもウエイトを置いているので高めの設定になっています。ホンダだからトヨタより安いかなと考えていたのですが違ったようです。

アクアはこの不況・エコの時代にマッチした低価格の超燃費車両なのです。

平成24年のアクアの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。アクアの場合、

自動車重量税 自動車取得税 自動車グリーン税制

22,500円減税

76,700円減税

17,000円減税

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。