アクセラ(マツダ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でアクセラを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『アクセラの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、アクセラはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、アクセラの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

アクセラの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、アクセラの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、マツダも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるアクセラとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのアクセラの見積もりを簡単に取得してこれをアクセラの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばアクセラの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでアクセラの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリアクセラの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらアクセラの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

アクセラの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでアクセラの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうアクセラの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、アクセラは安く買えます。

まずアクセラはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

アクセラのSKYACTIVEエンジン

アクセラには、超低燃費をウリにする、SKYACTIVEエンジン搭載の車種もある。それを中心にアクセラを評価してみたいと思う。

積まれるのは、直噴ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0と6段オートマチックのSKYACTIV-DRIVE。勿論ハイブリッドではないし、小排気量ターボエンジンを積むコンセプトとも違う。メーカー発表によるとSKYACTIVは、10・15モード燃費で18.8km/リッターなのだ。

これは、軽自動車に匹敵する値なのだ。アクセラは、4ドアセダンと、5ドアハッチバックのアクセラスポーツの2種類が用意され、それぞれに1.5リッター、2リッター、2.3リッターのエンジンを搭載する。

2リッターモデルに搭載するSKYACTIV-G 2.0エンジンは、154ps/6000rpmと19.8kgm/4100rpmを発生。燃費性能だけに特化せず、走りとのバランスも考慮され全域でトルクが向上している。室内やインパネは、とてもすっきりとしたシンプルなインストルメントパネルである。

メーターが青く光るメーターはSKYACTIV専用のデザインだ。前席は、比較的硬めの座り心地を示すシートで、シートリフターやチルト&テレスコピックステアリングが付くので、適切なポジションがとれる。後席は、全長4460mmを誇るFFのハッチバックらしく、後席のスペースは文句ない広さだ。

荷室は、リアシートを倒したときにフロアがほぼフラットになるのはワゴン的で賢い設計だ。ドライブフィールは、レギュラー仕様で圧縮比12.0のSKYACTIV-G 2.0エンジンは、実に自然なフィーリングが良い感じだ。

アクセル操作に対してダイレクトなレスポンスで回転を上げると、実に気持ち良く、エコカーとは思えないエンジンフィーリングで実用性も高い。乗り心地は、やや硬めの足まわりは街中から高速までフラット感があり、路面のザラつきなどは上手に遮断されている。

乗り心地とハンドリングのバランスが良いのもアクセラの自慢だ。さて、数あるエコカーでもこのアクセラは、正統的なガソリンエンジンの進化を経った正統進化系のクルマだ。アクセラのアクセサリーを購入するお金がなければ我慢するしかない。

アクセラ関連情報

昨年9月にマイナーチェンジをおこない、スカイアクティブ第二弾として市場に投入されたマツダアクセラ。スカイアクティブ技術によって20%以上の燃費向上を実現したにもかかわらず、動力性能もアップしているのが驚きだ。

スカイアクティブ第一弾として発売されたデミオは、燃費向上の反面、排気量を縮小したことが影響して動力性能がやや下がっていたことを考えると、このアクセラこそがマツダの目指す姿に近いものなのかもしれない。

これについては開発者も、「デミオとアクセラはそもそも発想が違う。運転の楽しさと環境性能のバランスを重視したのがアクセラ」と話している。低燃費エンジンというと、燃費を稼ぐことに目を向けすぎて、とかくトルク感のないエンジンに陥ることになりがちだが、このエンジンはそんなことを微塵も感じさせない。

また、6速ATに変更されたことで、出力の高い回転域を効果的に使えることから、従来モデルに比べても非常にスポーティーな運転が可能になっている。そして、それに伴うボディ補強の恩恵もあって、走行安定性と操舵感のバランスが優れている。

結果、スカイアクティブを導入したことにより、アクセラは全ての面において総合的に性能を向上させることに成功しているのだ。スカイアクティブモデルだからといって、決して燃費性能だけに特化した作りをせず、それぞれの車種に合わせた作りに対応できているのは、特筆すべき点だと思われる。だが、やっぱりヴィッツの中古車が気になってしまう。

環境一辺倒になりがちなこのご時世に、それに決して無視はしないながらも、走りの楽しさも提供できるこのマツダの姿勢こそが、これからの各メーカーに求められる資質であることはいうまでもない。

ここ数年のマツダ車はすごい!一昔前は、マツダってもう潰れそうな会社で、車もトヨタとかと比べて酷いのが多かった、、、(苦笑)でもデミオに始まりアテンザ・アクセラで完全に復活した感じ(^-^)

今のマツダ車乗ったらほんまええもん!ごっつ欲しくなった(^^)vだからアクセラ買おうと思ってんけど、バッテリーが欧州製でなければベンツも捨て難い。消費者金融で借りてたお金も返済したし、そろそろ買えるなと。最近FXも利益出てるし(^_^)

FX 比較サイトを徹底的に見たおかげかな。ようやFX初心者から脱した感じ★。結構時間掛かった気もするけど結果オーライ!FXは難しいわ(^-^;貯金を頭金にして、ディーラーで支払いシュミレーションしてもらったら、月々5万円ぐらいのローンでイケそうやった(^^)
それぐらいやったら払えるわ◎ローン言うても大したことないで!カードローンしてた時と利子が全然違う!(笑)モビットで借りてたんやけど、それに比べたら新車のローンなんか余裕やで♪(笑)

もう少し利率が低いプロミスとかでも全然違うわ。消費者金融で借りたらあかんなと思った★(笑)よう返さんようになっておまとめローンしてもらってる人もたまに居るけど、その気持ち分かるわ・・・なかなか郵便局のアルバイトをしながら返すのしんどいもんね。年末用のかに通販が激安のものを買うので精一杯ってところですか。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。