フィット(ホンダ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でフィットを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『フィットの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、フィットはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、フィットの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

フィットの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、フィットの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、ホンダも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるフィットとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのフィットの見積もりを簡単に取得してこれをフィットの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばフィットの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでフィットの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリフィットの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらフィットの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

フィットの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでフィットの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうフィットの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、フィットは安く買えます。

まずフィットはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

フィット豆知識

2007年10月18日に2代目へのフルモデルチェンジが発表され、年10月にグッドデザイン賞を受賞し、カーオブザイヤーにも受賞したフィットはマイナーチェンジ後の現在も販売は好調ですね。

外観からは初代との違いがあまりわからないくらいデザインが似ているフィットですが、2代目から車名の文字体が小文字の「Fit」から大文字の「FIT」に変更されたのが大きな違いですね。

エンジンはL13AおよびL15Aで、2代目よりi-VTEC仕様に改良されて (L13A:100PS, L15A:120PS) 。

L13A型はi-DSIから1バルブ休止型VTECへ、L15A型は1バルブ休止型VTECから低速域と高速域で切り替えるパフォーマンス型VTECへ変更となりました。

トランスミッションは、FF仕様にはトルクコンバータ付きCVTが組み合わされ、4WD仕様には5速ATが組み合わされています。1.5L仕様はスポーツグレードの「RS」のみとなりましたが、FF仕様には5速MTも組合わされています。

また、2010年10月8日にはマイナーチェンジを行なって、エクステリアを多少変更し、RSには国産同クラス初の6速MTが採用された。内装はオレンジとブラックのシートへと変更された位で大幅な変更はないようです。

同時にフィットハイブリッドが発売されました。フィットハイブリッドの燃費は30km/Lとなっています。

左右非対称と角ばったその名のとおりののデザインでスペースを確保するキューブのインテリアはかなり広い。

販売台数1位の座に座ってから長い間その座を維持しているプリウスもアクアの影に怯えている。

エコカー補助金のみのティーダは販売競争にかなり不利な状況ですが、それでも23位と健闘しています。

ホンダの人気車フィットは2001年に初代が誕生しましたが、ロゴの後継車として登場して、優れた走行性能と低燃費の両立して軽自動車を除くホンダの乗用車では最も小型でありながら広いラゲッジスペースを確保したコンパクトカーのベンチマークの一つとして評価されました。

2005年に両腕が不自由な方向けに両足で運転出来る足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」搭載車を設定し、2007年に現行型となる二代目を発売しました。

二代目から車名の文字体が小文字の「Fit」から大文字の「FIT」に変更され、イメージを一新。

センタータンクレイアウトと呼ばれる燃料タンクをフロントシート下部に配置したレイアウトを、初代に引き続き採用しているんです。

エンジンは従来通りのL13A及びL15Aであるが、i-VTEC仕様に改良されました(L13A:100PS、L15A:120PS)。

トランスミッションは、FF仕様にはトルクコンバータ付きCVTが組合わされて、4WD仕様には5速ATが組合わされました。

1.5L仕様はスポーツグレードの「RS」のみとなって、FF仕様には5速MTも組合わされました。

フィットハイブリッドの値引き

ハイブリッドにこだわらなくても、20km/l以上の燃費を達成する好燃費のフィットなので、ハイブリッド?

と思ったのだが、それが意外と好調で、2012年4月の販売データによると、フィットのうち半分以上がハイブリッドカーで占められているそうなのです。

見た目はフィットなのだが、乗った感じがハイブリッド車のイメージと全然違う。キーをまわすとエンジンがかかるのは普通の車と同じ。

発進加速中は低い回転域を中心にモーターがエンジンをアシストしているが、運転が始まると乗っていると体感できない。

停止してからはじめて違いを感じる。アイドリングストップがついていて、そのアイドリングストップが、デミオなどと違うのです。

停止して数秒経つとエンジンが止まるデミオなどに対して、フィットハイブリッドは停止すればエンジンも即止まる。

発進時はブレーキから足を離すと同時にエンジンが動き、アクセル踏めば走り出す。

急発進の時、ブレーキペダルから足を離してすぐアクセル踏むと、エンジン掛かると同時にクラッチを繋ぎにいくためにガクンというショックが出てしまう。

プリウスと違って停車からの加速はエンジンスタートなので、街乗りで信号が多い地域は、どうしても燃費が落ちてしまう。

ホンダのハイブリッド車は基本的にガソリン主体で走るってことですね。いろいろなクセがあって、最初は戸惑う事もあるかもしれないが、『これがフィットハイブリッド』と思って慣れていけばいいのではないでしょうか。

ハイブリッド専用車ではないので、フィットのパーツが豊富に販売されていますので、カスタマイズしやすいってところはかなりの魅力ですね。

フィットの乗り心地

スタイルが良く、使い勝手も良く、価格も安く、燃費も良い車、フィットですが、乗ってみてると、もはやスモールカーというカテゴリーにはいれないくらい大きい車です。

私のフィットの一番好きなところはとても良い居住性です。

室内に座るとクルマと大きく変わるところはなく、後席からの眺めも今までどおり、若干天井に余裕があるかな、といった感じでした。

家族4人で乗ってもそんなに窮屈感を感じませんし、後ろのトランクも結構容量が大きいでどこへでも行けますね。

燃費は街中を走っていると18km/l前後で、冬場のスタットレスでも15km/lくらい走ってくれます。国道や農道など50~60km/hで走ったときが一番調子よく、22km/lくらい走ってくれますが、かえって高速道路で走ると燃費は落ちて15km/l前後になります。

記録を出そうと丁寧に走れば燃費は伸びるので楽しいですが、エコドライブせずに燃費を求める加速感は走り屋さんには不満かもしれませんね。

少し残念なのが、Aピラーが太いので運転するときに少し視界が悪いです。フロントからルーフエンドに向かって流れる「ワンモーションフォルム」が最近の流行らしく、そうなってしまうようです。

室内から見ると室内の広々感が増します。衝突安全対策により、ピラーが太くなっていることも視界に悪影響を与えているようです。

最近の車はそういうもんだと思って注意して運転する習慣をつけることが大事ですよね。

フィットの使いやすさ

 

「コンパクトカーに乗りたいけど、広さが欲しい」


 

「コンパクトカーでも荷物が積めないと困る」


このような人にオススメなのがフィットです。

フィットは見た目は非常にスマートでコンパクトですが、乗ってみるとゆったりできます。
天井も高い作りになっていますので、圧迫感もありません。
またコンパクトカーといえば、後部座席が狭く、足が窮屈になってしまうイメージですが、フィットは広い作りになっています。

シートアレンジによって、大きな荷物を積むことができるようになっています。
後部席を倒すことにより、フラットにすることができますので、使い勝手が良いと思います。

さらに運転が苦手な人にもフィットは適していると思います。
フロントガラスが大きい作りになっていて、フロントピラー部の三角窓も大きめでなので、視界が良く運転しやいと思います。

フィットは、ハイブリット車も選べるようになっていますので、燃費を気にしている人や、手軽にハイブリット車に乗りたい人は、ハイブリット車を選択すると良いと思います。

運転に慣れていない人や、運転が苦手な人は、フィットで快適なドライブを楽しんでみてはいかがですか?乗りやすい車ですので、運転が楽しくなると思いますよ~

平成24年のフィットの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。フィットの場合、

グレード エコカー
減税
自動車
グリーン税制
エコカー減税 減税
合計
自動車
重量税
自動車
取得税
自動車税
(翌年度)
フィット
ハイブリッド

100%

概ね50%

22,500円

68,100円

17,000円

107,600円

フィット
13G(1300cc)

75%

概ね50%

33,800円

43,400円

17,000円

94,200円

フィット
15X(1500cc)

75%

概ね50%

33,800円

49,200円

17,000円

100,000円

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。