インプレッサ(スバル)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でインプレッサを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『インプレッサの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、インプレッサはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、インプレッサの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

インプレッサの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、インプレッサの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、スバルも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるインプレッサとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのインプレッサの見積もりを簡単に取得してこれをインプレッサの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばインプレッサの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでインプレッサの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリインプレッサの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらインプレッサの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

インプレッサの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでインプレッサの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうインプレッサの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、インプレッサは安く買えます。

まずインプレッサはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

編集部のインプレッサの思い入れ

インプレッサと言えば僕ら世代では水平対向エンジンで、WRCで活躍し、ランエボ(ランサーGSRエボリューション)のライバルという印象です。

当時はGTRなどの280馬力スポーツカーが最速でしたが、インプレッサやランエボの登場で、4WD高出力軽量車が峠やサーキットで人気を博しました。

現在の若い子たちは走り屋が居ない事はもとより、車さえ持たない子も多いとのことで悲しい事です。

ですので、インプレッサもWRXの設定もなくなり、おとなしいセダンとワゴンの設定しかありません。水平対向エンジンもないようです。

それでも国内自動車販売台数20位以内に入っているので人気の車となっています。スバリストの存在も大きな要因となっています。

インプレッサ関連情報

日産の販売する軽自動車オッティはモコと双璧をなしますがムーヴにはかなわない。2002年に初代を発表する。搭載するエンジンは、K6A型 直列3気筒 DOHC VVTエンジン、および同型のDOHC インタークーラー付ターボエンジンの2機種です。トランスミッションには4速ATが組み合わせられ、コラムシフトをとっています。後部座席はリクライニング機能の他に105mmの左右独立前後スライド機能を備えており、またレバー1つでシートを倒せるなどシートアレンジが豊富になっています。

2006年に二代目を発売しました。OEM元のMRワゴンからフロントマスク及びエンブレムは専用のものが与えられていて、ユーモラスかつフレンドリーな顔つきのMRワゴンに比べてシャープで凛々しい印象になっており、同じ日産の「マーチ」や「ノート」といったコンパクトカーと共通のイメージを持たせているのがニッサンの狙い。

2011年に三代目を発売しました。エンジン・トランスミッションの変更に加え、高張力銅板を効率的に多用した軽量ボディの採用により、全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+25%(「G FOUR」のみ「平成22年度燃費基準+20%」)」を達成し全車環境対応車普及促進税制に適合させました。

今すぐお金が必要!そんな時にオススメなのが消費者金融。消費者金融のキャッシングを利用してみませんか?更にプロミスなら無担保、無保証人でキャッシングだけではなくておまとめローンも出来ます。

業界トップを誇るプロミスだからこそおまとめローンが楽天銀行に振り込まれる。また大口キャッシングなら金利が低いモビットがオススメです。少しでも支払利息を減らして返済の負担を少なくしましょう。

カードローンに頼りすぎもいけませんが、上手に使うことで生活に余裕が出ますよ。しかし、ここで注意してほしいのが返済計画を頭の中に入れておくこと!

そこでFXで返済資金を調達するのはどうでしょうか?fx 初心者でも簡単に稼げる方法が実はあるのです。

それが・・・バイナリーオプション♪これで年末はおせちとかにが用意できますよね!用意するならおせちは『おせち通販※2016年の人気おせち料理の選び方』で、かにはかにの通販|TV番組でも紹介された通販も有り!で選びましょう。

これは条件を満たすか、満たさないかを選ぶだけ。たったこれだけで難しそうなFXでお金を稼ぐことが出来ます。FX 比較サイトを見たら、このバイナリーオプションを導入している会社が紹介されていますのでインプレッサを買いたいのならぜひご覧くださいね。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。