インサイト(ホンダ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でインサイトを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『インサイトの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、インサイトはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、インサイトの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

インサイトの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、インサイトの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、ホンダも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるインサイトとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのインサイトの見積もりを簡単に取得してこれをインサイトの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばインサイトの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでインサイトの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリインサイトの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらインサイトの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

インサイトの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでインサイトの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうインサイトの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、インサイトは安く買えます。

まずインサイトはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

インサイト豆知識

コンパクトな5ナンバーサイズのボディにハイブリッドシステムを搭載したインサイト。

初代モデルは、2ドアクーペだったのに対して、新型は5ドアハッチ。

1.3L i-VTECエンジンとインテグレーテッド・モーター・アシスト、ドライバーの低燃費運転を支援する「エコアシスト」を標準装備して燃費の向上を図っている。

ただ、燃費で言うと初代インサイトには及ばない。5人乗るようになったり荷室も広くなったということを考えると、仕方がないのかと思う。

エクステリアは初代に引き継いだ感じあるが、インテリアは初代よりもかなり高級感が出ている。

もともと見た目がカッコいいので、ドレスアップしがいのある車だ。社外パーツも充実しているけれど、無限エアロを組みたい。そして見た目で一番のお気に入りはカッコいいスモールランプのブルーLED!

エコカーなのにマニュアル感覚なパドルシフトを備えているので見た目以上に走りを重視している感じだ。ただ、走り重視で考えると、後発のCR-Zかな、と思う。

EXAILがCMするようになってずいぶんウィッシュのイメージもよくなって売れているようですね。

プリウスに抜かれた販売実績1位でその2位の座も今月とうとうアクアに抜かれてしまったフィットはまだまだ健在です。

先代の左右非対称のデザインが斬新だったキューブはうちの嫁も乗っています。

インサイトはホンダのハッチバック型ハイブリッドカーで、一時プリウスの販売台数も凌駕した車です。

1997年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「J-VX」を市販車にアレンジして、1999年に初代を発表しましたがあまり評価は得られず。

搭載される原動機は、ECA型995cc直列3気筒SOHC VTECエンジンとアシスト用薄型DCブラシレスモーターで、ホンダはこのシステムにIMAという名前をつけています。

走行時には必ずエンジンが動作しているという点が、広義の「パラレル型」ハイブリッドシステムです。

トランスミッションは、5速MTとCVTが用意されました。

2003年にマイナーチェンジが行われ、キーレス・エントリーシステムやイモビライザーなど装備面での充実が図られ、2006年に生産が終了されましたがプリウスの人気により、2009年にあわてて二代目を発売しました。

先代とは、ハッチバックの形状やリアのエクストラウィンドウなどは共通ですが、5人乗り5ドアであることやリアホイールスカートが無いなどの点が異なります。

搭載されるIMAを構成するエンジン部分はLDA型1339cc直列4気筒SOHC i-VTEC i-DSIエンジンで、シビックハイブリッドと同型式ですが、i-VTECは可変シリンダーシステム(VCM)としてのみ機能します。

ハイブリットの魅力が詰め込まれたインサイト

ホンダのハイブリット車といえば、一番有名なのがいんさとですよね?

発売当初から人気があるインサイトですが、初代は特長的な外見で話題でした。

フロント部分だけをみると普通の車と変わらない外見なのですが、リアが特長的な外見で、リアタイヤが半分隠れるような作りになっていました。

現行のインサイトは、初代のような特長的なデザインではありませんが、ハッチバック式で形状は似ています。

運転してみると、さすがハイブリット車と思えるような、静かさです。

使いやすさを優先して考えられた印象があるインテリアですが、けして安っぽく感じたりはしませんでした。

ハッチバックなので仕方がないことですが後部座席に乗ってみると、身長が高い人だと少し狭く感じるかもしれません。

それでもコンパクトカーと考えれば、乗り心地が良い車だと思います。

この車の凄いところは、やはり燃費です!

スペックにより差がありますが、27km~23kmも走ることができます。

もちろん走り方により、この数値より下回ってしまうこともありますが、燃費が非常に良い車です。

初めてハイブリットカーを購入しようと考えている人にもぜえひオススメの車種です。

価格もハイブリット車としては、安めの設定になっていますので、購入しやすいのではないでしょうか。

インサイトの生産中止からの復活

2006年に生産を中止していたインサイトは、その名も忘れ去られていた。

実際には細々と生産を続けていたプリウスが勝った図式となってしまったのだ。

そしてホンダがやっとの思いで2009年発売したインサイトは、何故かそのプリウスに似ていた。

これでは二番煎じだと言われても仕方が無い。

しかしインサイトにはインサイトなりの歴史と言う物がある。

同年プリウスは三代目を投入。

デザインは更に精鋭さを増し、軽自動車を乗っていた人さえこれに乗り換える始末であった。

プリウスはエンジンを1.8リッターにしたが、インサイトは1.3リッターと1.5リッターを採用している。

プリウスのエンジン60kw、142nmに対しインサイト1.5リッターは82kw、142nmとなり、インサイトの方が数字が良いがプリウスの方が低回転で最大トルクが発生している。

一番重要であるモーター出力は次の通りである。

プリウスモーター出力、60kw、207nm。

インサイトモーター出力、10kw、78nm。

明らかにプリウスの方がモーターに負担させる割合を多くしている。

これがどう燃費に寄与しているのか判らないが、この辺りが判断するポイントであると思う。

ホンダインサイトはアメリカからのスタート

皆さんは現在のインサイトが二代目だと言う事はご存知だろうか。

既にトヨタには初代プリウスは量産発売されていた。

これ等ハイブリッド車が登場した切っ掛けが、アメリカGMの電気自動車EV1の量産であった事は、知る人は少ないだろうと思う。

後に映画ともなったこの電気自動車のエピソードは、人々の抜け切れない石油依存への危機感の布石となっている。

EV1は発売当時大きな期待を持って受け入れられた。

V8エンジンのドロドロとした粘っこい走りから、モーターに因る静かで軽快な走りがアメリカ人の感性に新鮮に映ったのである。

それなのに何故生産中止に追い込まれたのか、それは映画「誰が電気自動車を殺したか?」を観て頂きたいと思う。

まだまだその時代の人類には、電気自動車は早過ぎた、理解できなかったのである。

石油は未来永劫吸い上げる事が出来ると、本気で信じていた時代であった。

EV1の量産が、自動車王国アメリカで成功しそうだ。

と言う事で、日本でもエコカー(当時はそんな言葉もなかった)開発が始まった。

インサイトはトヨタから2年遅れでの発売であった。

当時は三菱自動車も良い所にまで来ていたが、量産にまではできなった。

今はアイミーブとして量産発売されている。

無論当時日産は恐らく開発に着手していたのだろうが、商品化までには至っていない。

だからホンダとトヨタが国内各社に先駆けて量産発売した時は、驚愕と批判と共に迎えられたのである。

まだ当時はエンジンとバッテーリー&モーターと言う構成が理解されなかったのである。

エンジンだけ載っていれば総て事足りるじゃないか。

と言う考え方が常識となっていたのだ。

だが石油産油国の情勢が不安となったり、石油製品の原価が高騰したりすると、燃費の重要性が目立って来る事となった。

ガソリン高騰が数ヶ月続いてしまうと、自動車の販売台数が極度に激減すると言う現象が発生した。

本来なら普通自動車を買う筈の層が、軽自動車に移ってしまったのである。

この消費者の思いを見逃さなかったのがトヨタだ。

そこに狙いを定めたかの様に、2003年スタイリッシュな二代目プリウスを投入したのである。

これはバカ売れした。

それまでモーター併用発動機などを馬鹿にしていた連中も注目した程だ。

平成24年のインサイトの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。インサイトの場合、

自動車重量税 自動車取得税 自動車グリーン税制

22,500円減税

84,000円減税

17,000円減税

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。