ノート(ニッサン)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でノートを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『ノートの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、ノートはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、ノートの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

ノートの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、ノートの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、ニッサンも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるノートとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのノートの見積もりを簡単に取得してこれをノートの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばノートの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでノートの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリノートの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらノートの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

ノートの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでノートの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうノートの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、ノートは安く買えます。

まずノートはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

新型ノートのスタイル

前モデルのノートのデザインは少し奇抜で突出していましたが、今回の新型ノートは標準的にまとめた感じになっていて私自身は好印象を受けました。

ミニティーダという感じで、トヨタヴィッツやホンダフィットを意識したデザインになってると思います。

前席ドアから後席ドアにかけて入っているスリットも斬新なデザインになっています。

フロントマスクはセレナを髣髴させるようなデザイン。

デザイン的にもヴィッツやフィットに負けない仕様になっていると思います。

セレナが好調なニッサンがヴィッツとフィットの小型車2強に勝負を仕掛けたこの新型ノートへの期待が高まっています。

エコスーパーチャージャー

新型ノートから採用された新エンジン『エコスーパーチャージャー』。

スーパーチャージャーとは懐かしい響きですね。AE92のレビン・トレノ以来くらいでしょうか?

元来過給機は低燃費の為に作られたもの。

船舶などのディゼルターボは現在でも低燃費の為に作られています。

今回のエコスーパーチャージャーは過給機元来の低燃費を目的に作られました。

スパーチャージャーはターボのように排気の力を利用するのではなくエンジンの回転を利用して過給機をまわすので低回転域からスムーズに効きます。

この新エンジン『エコスーパーチャージャー』はスムーズな低回転域からの過給と低燃費を実現した新しいエンジンです。

今までのエコエンジンを低燃費とパワーで他の車を凌駕したエンジンに仕上がっているのではないでしょうか?

ノート豆知識

日産が販売するハッチバック型小型乗用車、ノート。

欧州では小型ミニバンまたはミニMPVに分類される。

マーチなどにも採用されるBプラットフォームをベースに、ホンダ・フィットの対抗車として開発された。フィットとは異なり、当初は1.5Lエンジンのみが用意され、他の1.5Lクラスの車よりも価格が安く設定された。

また、2008年10月には1.6Lエンジン搭載グレードも追加された。

2004年、ムラーノの発表会においてモックアップでの先行公開。

2005年に初代を日本でまず販売した。

オーテックジャパンによる特別仕様車「ライダー」を設定。

4月、特別仕様車「サルサグリーン」を発売。9月にフランクフルトモーターショーにヨーロッパ仕様を出展。

1.4Lおよび1.6Lのガソリンエンジンと、2種類の1.5Lディーゼルエンジンが設定された。エクステリアデザインについても日本仕様車との差別化が図られ、フロントグリル、前後バンパーの形状などが変更された。

2005年に一部改良が行われ、シート、ドアトリムクロスを一新するなど内装の質感の向上が図られ、ハロゲンヘッドランプを光輝タイプに変更し、ヘッドランプレベライザーを全車設定することで、翌年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合させた。

初代ノアはバク(夢を食べる架空の動物)でしたが2代目以降のノアはかなりスタイリッシュになっていますよね。

特徴的なコンパクトカーであるラクティスは明確なライバル車がないので苦労するようです。

昔はジムカーナでも活躍していたマーチは1.3リッター車も結構あるのでやりやすい。

平成24年のノートの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。ノートの場合、

取得税 重量税 自動車税

64,200円

22,500円

17,000円

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。