ステップワゴン(ホンダ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でステップワゴンを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『ステップワゴンの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、ステップワゴンはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、ステップワゴンの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

ステップワゴンの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、ステップワゴンの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、ホンダも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるステップワゴンとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのステップワゴンの見積もりを簡単に取得してこれをステップワゴンの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばステップワゴンの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでステップワゴンの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリステップワゴンの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらステップワゴンの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

ステップワゴンの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでステップワゴンの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうステップワゴンの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、ステップワゴンは安く買えます。

まずステップワゴンはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

ステップワゴン豆知識

今までの日本のワンボックスワゴンは、商用車というイメージがありましたが、1996年にこのステップワゴンが発売されてからは、床の低さや、四角いシンプルだけどカッコいいスタイル、低価格、ドレスアップパーツの充実などにより、一気に人気モデルとなりました。

人はたくさん乗れるのに、荷物はちゃんと人数分乗るので大勢で遠出するときはステップワゴンが使えます。

そのステップワゴンは2012年4月にFF車のみマイナーチェンジをして、燃費や走りがよくなり、安全装備を充実化させました。搭載エンジンは従来と変わらないけれど、アイドリングストップ機構が採用されて、新しいCVTを採用することで燃費がかなり向上されました。

CVT搭載車はJC08モードで15.0km/?を達成し、新エコカー減税でも全車が75%減税となるようです。

ハイブリッド車や小型化に時代がシフトして行く中で、やっぱり楽しく出掛けられてエコドライブができるステップワゴンはいいですね。

パッソのような女の子専用の自動車が販売されるようになったのは日本が裕福になったせいでしょうか。パッソは獲得できるものの日本の将来が不安です。

ラルゴ・セレナの2本立てで販売していたときより一回り大きくなったでしょうか。セレナは実はラルゴより人気があったようですね。

完全ファミリーカーのノアに対してヴォクシーはCMも反町を起用するなど強いパパのイメージ(チョイ悪)で売り出しています。

ホンダのステップワゴンは1996年に発表された初代は、車名は同社のステップバンに由来するものですが、当時日本では「ミニバン」という用語がまだ定着しておらず、「商用車」を連想させる「バン」を止め「ステップワゴン」とし、ロゴもワゴン部分をWGNにした。

1997年にマイナーチェンジし、このモデルを私は購入しました。

運転席・助手席SRSエアバッグシステムやABSを全車標準装備し、安全性能を向上したのに価格が安い。

また、内装では1・2列目シートはフルフラットに対応し、スノボに行くのにも重宝していました。

1998年にはダブルサンルーフ仕様車をベースに、FRP製のポップアップルーフを装備した「フィールドデッキ」が発売されたのでちょっと悔しかったです^^

2001年に二代目を発売し、子供中心の家族を想定したキープコンセプトでしたので、外観にも先代モデルの特徴を多く残しています。

プラットフォーム・ボディ・サスペンションは新たに専用に開発されました。

2005年に三代目を発売し、二代目までの片側(助手席側)スライドドアや大きな箱といったコンセプトを大幅に転換して、独自の低床・低重心プラットフォームをベースにして、薄型の樹脂製燃料タンクやサイレンサーを採用した専用設計により、室内高を保ちつつ60mm低床化・40mm低重心化を達成するとともに、全高が75mm低減されました。

ステップワゴンの歴史

今やファミリーカーとミニバンは同意語と思える程にファミリーカーとして人気のあるミニバン。

特に5ナンバーサイズで200万円程度のクラスは人気が高く競争が熾烈だ。

そんな中でもステップワゴンは、その中心的存在である。

低床低重心で、走りも良かった先代ステップワゴンは爆発的に売れた。

しかし、それ以後はトヨタのノア/ヴォクシーが出て、日産セレナも好評だった。

それとは対照的に、ステップワゴンの販売は急降下になってしまった。

現行のステップワゴンは、シンプルでボクシーなスタイルになった。

室内スペースは、余裕で圧倒的に広いといえる。

低い床、高いルーフのおかげで乗り込みは楽だし、運転席を基準に2列目を合わせた状態でも、3列目は足元も頭上も余裕綽々。

ラゲッジスペースも、3列目を左右跳ね上げ式から床下収納式としたことで、広さと使い勝手を高めている。

運転席からの視界はすこぶる良い。

サイドウィンドウの下端を下げ、ドアミラーを拡大しまた3列目の跳ね上げ式格納をやめたことなどが功を奏している。

ドライバビリティは、パワートレインの直列4気筒2リッターエンジンとCVTの組み合わせで、アクセル操作に即応する好レスポンスが際立った走りやすさに繋がっている。

燃費対策は徹底している。

ポンピングロス低減を狙い“可変吸気量制御”を盛り込んだi-VTECや、オイル保持性の高いパターンピストンコーティングの採用、バランサーシャフトの廃止などによるフリクションロスの低減、さらには電動パワーステアリングの採用等々によって10・15モード燃費は14.2km/リッターだ。

乗り心地は、多人数乗車を意識した設定だけに、1~2人乗りではややリアが硬めに感じられるのは仕方がない事だ。

ステップワゴンは、ファミリー層の快適性や安全性を最大限に取り入れた商品の思想が随所に盛り込まれているミニバンだった。

平成24年のステップワゴンの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。ステップワゴンの場合、

自動車重量税 自動車取得税 自動車グリーン税制

22,500円減税

87,300円減税

19,500円減税

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。