タント(ダイハツ)の値引き相場を知って得する方法

この値引き方法でタントを攻略!

値引きのプロが教える
これは私が実際に値引きに成功した体験談です。もちろんこの方法で何度も大幅値引きを獲得しています。

値引きのプロ

今回は会社に出入りしているブローカー相手にこの手法で大幅値引きできたので、ブローカーの中間マージンの要らないディーラーなら更なる値引きも期待できますよ!

雑誌等の『タントの値引き目標は30万円』などという数字はでたらめで根拠はありません。なぜならば、タントはグレードも様々ですし、オプションも人それぞれ。更に一番大きいのが下取り車両の買い取り価格も重要になってくるのです。 下取り車両の高価買取は見逃されがちですが値引き額に等しいのです。 ですから、タントの値引き相場は本体の値引き額と下取り車両の買取額を分けて考えてください!

相場を知ることでかなりの買い取り価格差のある下取り車両【重要】

 

タントの値引き交渉をする前に、値引きの中に含まれる下取り車両の相場を知っておかなければ本当の大幅値引きを獲得する事はできません。


下取り車はあなたが思うより高値で流通しています。廃車に近いような車でも海外に売るという需要があるので諦めてはいけません。

しかも、円高不景気のおかげで中古車に人気が集まり中古車販売価格は高騰しています。なのに高価買取を引き出さなければ得するのはディーラー中古車部門や販売業者だけ。。。

中古車の相場は色々な買取業者を廻って交渉していくことで明らかになりますが、休みの日に子供を連れてなどになると手間と時間が掛かってしまい、しかも1軒1軒高値交渉して廻らないといい買取額に巡り合わないのです。

買い取り業者は顧客からのオーダーがある車両に対しては高めの買取額を出してくれるので、その下取り車を探している業者に巡り合えるかどうかも分かりません。

 

ではどのようにして簡単に知ることが出来るのか?


 

中古車一括見積もりサイト『カービュー』を使って一瞬にして下取り車の買取相場を導き出すのです!


『カービュー』で中古車の買い取り相場がわかる理由・便利な理由

なぜ当サイトが『カービュー』をお勧めするのかというと、キッチリ以下の理由があります。

カービューがおすすめの理由
  • 大手買取業者を含む複数業者から一括で見積もりを取り寄せることが出来る(時間を割く必要がない)
  • 見積もりしてくる業者はその下取り車が必要なので見積もりを出してくるのです(つまり高値で見積もってくる)
  • 買取業者は初めから競合他社がいることを知っているのでそれぞれの限界の高値を提示してくる(つまり高値交渉したのと同じである)
  • ネットで入力するだけなので簡単・スピーディー。しつこい営業もない。
  • ソフトバンク系列の会社だから安心。

これでディーラーの下取り見積もりも交渉額が分かりますね。下記のように必要事項を入力するだけ。

ディーラーでこの下取り額が出ないときにはカービューで売ってしまってくださいね。

ライバル車両の見積もりや別販売チャンネルの見積もりをぶつけるのはもう古い!

新車値引き交渉の常套手段といえば、『ライバル車両の見積もり』や『別販売チャンネルの見積もり』をぶつけてどっちを買おうか迷ってますよ~的な感じで交渉することですがこのやり方はもう古いのです。

各メーカー共に独自の個性をアピールしており、タントの場合ならエルグランドにないものをアピールして値引き交渉には応じません。また、ダイハツも複数の販売チャンネルでの販売をやめ、他販売チャンネルの兄弟車であるタントとの価格競合はメーカーより禁止されていますので効果はありません。

 

では今時の新車値引き相場はどうやって知るのか?


それはネット販売業者と競合させるのです。ネット新車販売業者の大手オートックワンのタントの見積もりを簡単に取得してこれをタントの値引き相場としてぶつけるのです♪!

ネット新車販売業者のオートックワンを使えばタントの値引き相場がまるわかり!

オートックワンでは、ネットでタントの新車見積もりを取り寄せることが出来ます。

オートックワンがおすすめの理由
  • ズバリタントの見積もりを取ることが出来るので完全な値引き相場が分かる。
  • 見積もりがきたらそのままネットで値引き交渉も出来てしまうので色々足を運ぶ必要がない。
  • 見積もり請求後もしつこい営業はないので安心。

これで、自宅に居ながらタントの見積もりが入手でき、更にネット上で値引き交渉もできてしまうのです^^

タントの2つの相場が分かれば後だしジャンケンで値引き交渉をすることが出来る

カービューで下取り車の買取相場、オートックワンでタントの見積もり(値引き相場)を手に入れればもうタントの値引き交渉は『後出しジャンケン』のようなものです^^

交渉が苦手な方でもその見積もりさえ出せば下取り車両は高値で、タントは安く買えます。

まずタントはディーラーの意地もあるのでオートックワンより安い見積もりで出してきます。下取り車両の方はディーラーと中古車販売部門はまた別なので融通がきかないときがあります。

そんな時はさっさとカービューの方に売ってしまってくださいね^^

タント豆知識

外観も、内装も走り心地も大満足な車です。タントカスタムなら手を加えなくても最高な車です。

最近ではパパはもちろん、おじいさんやおばあさんでもタントカスタムに乗る姿をよく見かけます。それが意外とカッコいいんですよね。全体的に窓が大きいので、視野が広いから死角も少なく安全性が高いし、パワースライドドアもうれしいし、低床なので足の不自由な方の乗り降りも楽々。

室内の広さはもちろん広く、4人家族で旅行に行くのだって快適です。人もゆったり、荷物もきっちり載せられます。5人乗りの普通車は5人で乗るとかなり窮屈ですが、タントは4人乗りで4人乗れるのです。

走りに関して言えば、上り坂では、全開でも苦しい感じで力不足は否めない感じですが、街乗り、遠出には快適な車です。ノンターボでも十分だと思います。

ファミリータイプのワンボックスカーを買った気になって一番上のグレードで、ナビもつけてしまっても十分おつりがくるんじゃないでしょうか?

ちょうどシーマやセルシオが全盛期の時にワゴンRが登場しました。その当時はすごく斬新な軽自動車でしたね。

スズキのワゴンRの大ヒットに続きムーヴも登場。正直ワゴンRのパクリですね。

プリウスが出るまではフィットとヴィッツのデッドヒートだった販売台数。

ダイハツタントは軽販売実績トップ3に常時ランクインしている人気車種です。

2003年に初代を発表し、FFレイアウトながら2000mmの広い室内長と、当時軽自動車の中で最長となるロングホイールベース2440mmが特徴でした。

車名のタント(tanto)もイタリア語で[とても広い、たくさんの]という意味でなんです。

エンジンはターボ車が64馬力を発生するEF-DET型、ノンターボ車が58馬力を発生するEF-VE型とからなっています。

2004年に2WD車は[平成17年度基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)]認定を取得し、2007年に二代目を発売しました。

外観は基本的にキープコンセプトとなっていますが、先代同様90度近く開く各ドアに加えて、助手席側に軽自動車初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせたミラクルオープンドアが採用され乗り降りの開放感がアップされました。

更には四代目ムーヴのプラットフォームを流用して、ホイールベースを2440mmから2490mmに延長して、初代以上の広い室内空間を実現させています。

2010年にマイナーチェンジをして、CVTを全グレードに搭載し燃費を改善しています。

タントのインテリア

とにかく広い室内のタントの魅力は、もちろん見晴らしだ。実際に乗ってみるとやや高めの着座からの見晴しはとてもよい。

パノラマの見晴しだ。リアシートも床はやや高めだが、フラットで広々している。スライドさせると足を組んでもフロントシートにあたらないほど広いので足の長い男性が乗ってもゆったりしている。

そしてタントと言ったら、センターピラーレスである。通常使用の場合、フロントもスライドドアも一緒にあける必要はあまりないが、子供がいてチャイルドシートを付けるのであれば乗り降りさせやすくなるのでありがたい。

そしてステップワゴンに次いで設定されたフローリングもいい。泥靴で汚されても掃除が楽で助かる。CMの通り、子育てに優しい感じがします。

内装の素晴らしい質感はさすがダイハツ車だなと感じる。センターメーターやナビなど、位置関係は文句なし。

背の高い男性でも背の低い女性でもちょうどいい位置関係にある。ただ、気がかりなのは普通車よりも価格が高くなってしまうこと。

タントにははじめから十分すぎるくらいの装備がついているから値段が高く感じてしまうが、この広さ、この装備でこの値段と思うと、とてもお買い得だなと感じる。

タントの広さ

タントと言えば軽自動車の規格の中で最も広いと思われる。規格いっぱいいっぱいの大きさを感じるような外観やそのデザインからもわかる。

基本プラットホームはムーブやミラと共通だが、タントはホイルベースが長いために広い。2代目タントからはセンターピラーが廃止されたこともあり、さらに乗り降りがしやすくなった。

シートアレンジも豊富、収納スペースも広いので、家族で出掛けるには十分な広さだ。すごいところは、後ろに乗る人が足を伸ばせるほどの余裕があるので長距離移動もラクラク。

前後調節できるし、リクライニング調節もできるので大柄な人でも大丈夫。

こんなに大きくて軽自動車なんだからエンジン非力かなと思ったけれど、高速も峠もそこそこよい。

基本的にはエコカーということなので,スピードを出そうとか思わずにゆっくり走って燃費向上を目指したほうがよいのではないだろうか。

タントは燃費が悪いと言う声をよく聞くが、この大きさで660ccという厳しい環境なのにこれだけの燃費を出せることに満足したい。

タントの私見

ダイハツのタントは2003年11月に登場した軽ワゴン、いわゆるスズキのワゴンR系である。

2007年9月にモデルチェンジを行った。

表面上は何も変わっていない様に見えるが、実は大きく変更されている。

2490mmのホイールベースは前モデルより50mm長くされた。

その為室内を広く確保する事ができた。

フロントドアとリアスライドドアの間のセンターピラー(柱)が無く、乗降時のしやすさや開放感が売りだ。

ユースケサンタマリアと小池栄子のTVCMでもお馴染みだが、この車の購買対象は家族である。

3人或いは4人家族を対象とした車で、運転手は奥さんでなければならない。

この場合旦那さんは別の車を所有しており、タントで近くのスーパーや、ショッピングモールに家族で買い物に行く時に使う。と言う構図である。

たまに遠出して動物園にも行って欲しい、と言う願望が前作のTVCMに現れている。

TVCMを良く見て頂けると解るが、車内容量はかなり広い。

まるで普通車2ボックルワゴン並みの広さが確保されている。

これを運ぶのはトパーズネオと呼ばれるエンジンだ。

3気筒12バルブのエンジンは小気味良く回る。

2WD走行燃費25.0km/lとカタログ上では表記されているが、実走行では20.0km/lに留まるだろう。

だがこの小気味良いエンジンと相まって、効率の良いCVTミッションが広い車体を運ぶ。

エンジンはエコアイドルと呼ばれる機能が全車に搭載されていて、信号停止の度にエンジン停止が発動する事になている。

速度が7km/h以下になるとエンジンが自動的に停止し、ブレーキペダルを離すと自動的にエンジンスタートとなる仕組みだ。

運転姿勢は窮屈ではなく非常に楽だ。

メーター系はダッシュボード中央部に配置されていて視認性が良い。

視界360度は窓が大きく設計されている為非常に良い。

全グレードに4WDが設定されていて、降雪時に運転が心配な人にはこちらを選ぶ事ができる。

約12万円余計に払うだけで4WDが手に入る。

注意して欲しいのは、一番便利な機能パワースライドドアである。

これは最下位グレード「L」には搭載されていない。

価格にして約10万円程度の差額なので、是非ともこれは欲しい機能である。

パワースライドドアは便利な機能だ。私的にはこの車は無しとなる。

対象が対象だし、やはり男らしいエクステリアが欲しい。

だが箱の角を丸く削り取った感じのデザインは良いと思う。

平成24年のタントの新車購入お徳度はこんなにあった!

自動車重量税は平成24年4月30日、自動車取得税は平成24年3月31日まで適用されます。タントの場合、

グレード エコカー
減税
エコカー減税 減税
合計
自動車
重量税
自動車
取得税
タント G

75%

8,600円

27,800円

36,400円

タント X “Limited”

75%

8,600円

27,400円

36,000円

タント カスタム X

75%

8,600円

32,200円

40,800円

と、減税額は大きかったのです。

この記事のライター
値引きのプロ
20系アルファードハイブリッド、30系アルファードハイブリッドと乗り継ぎ中。毎年スノーボードに家族で行くのでEXECUTIVE LOUNGE SEATは選択できませんでした。