消費者金融を利用してお金を借りる場合、必ず審査を受ける必要があります。誰でも手軽に利用することができる消費者金融とはいえ、返済能力がなければ利用することはできませんし、審査とはこうした返済能力を測るためのものといえます。

そんな消費者金融の審査ですが、具体的にどんなところを確認しているのかといえば、やはり一番のポイントとなるのは「収入」です。消費者金融では「総量規制」という法律の対象になっている関係から、年収の3分の1を超えて融資を行うことができません。

簡単にいうと年収が300万円の人は最大で100万円までしか融資を受けることができないということになりますので、当然ながら年収300万円の人が200万円の融資を希望しても不可能というわけです。

もちろん既に他から借入を受けていればトータルで借入を受けることができる金額はさらに低くなりますので、収入に対して借入が多くなればその分融資を受ける金額が下がってしまうということになります。

消費者金融は他社からの借入状況を重視している

こうした点に加えて消費者金融業者が重視しているのが「他社からの借入」です。既に借入を受けている状態で融資を受けること自体はそれほど珍しいことではありませんが、その状態で融資を受ける場合に業者側が気にするのがその目的です。

借り換えが目的なのか、それとも純粋に資金不足なのかによって審査の内容が変わってくるからです。消費者金融で借り換えであればその人のトータルの融資残高が少なくなりますが、そうでないのであれば、むしろ融資残高が増えるだけですので、審査においても慎重な姿勢になります。

スピーディーな審査が信条ともいえる消費者金融ですが、それでも融資を行う金額が増えればそれだけ時間も必要になってきます。このように、消費者金融では収入と支出のバランスを重視する傾向にあります。

こうした点を考えると、消費者金融に融資を申し込む際には自身の現状をあらかじめ確認・把握したうえで申し込みを受け付けてもらうと良さそうですね。